海外との関係強化

■海外におけるFL-netの動向
FL-netは、FAにおいて危機感相互接続を標準化したものです。
ただ今のところ、FL-netは日本固有のFA標準化でしかありません。
実際海外では同企画のものは標準とは言い難いのが実情です。… Read more

応答性能について

■応答性能
FL-netにおいて、各ノードはコモンメモリを介することで、他ノードのメモリエリアを好きなときに参照することができます。
32ノードが接続されている構成で、それぞれ2Kビット+2Kワードのメモリエリアを持たせた場合、トークンが1週するのに約50ミリ秒かかります。… Read more

ホットプラグ機能

■ホットプラグ機能
ノードは、「プラグ&プレイ」に対応しています。
このプラグ&プレイというのは、ノードがネットワークの確立中に着脱できる機能です。
これにより、ノードの電源のON-OFF、また、個別に取り外し調整したりメンテナンスすることが可能です。
さらに、ネットワークへの復帰も行うことができます。… Read more